潘瑋柏(ウィルバー・パン) コンサートで2件の事故発生

JUGEMテーマ:華流
 
 潘瑋柏のコンサートツアー"I’m WILL 未来世界巡迴演唱会"が17日、武漢で開催された。会場には4万人ものファンが集まり、武漢でこの秋最大のイベントとなった。今回のコンサートは上海に続く2番目のツアー会場だが、ゲスト兼音楽監督の紀佳松とダンサーの小偉が2メートルの高さから落ちるアクシデントがあった。2人は出番を終えたのち病院へ向かったが、これを心配した潘瑋柏はコンサート終了後すぐに紀佳松の元へ駆けつけた。事故に遭った2人はツアーメンバーとともに台湾に戻ったが、紀佳松の手足の感覚はあまり戻っておらず、さらに何日か経過観察が必要との見通し。

 紀佳松は潘瑋柏の弟分で、今回はゲストであると同時に音楽監督を務めている。この事故は"水潑 落地難收回2009"を歌っている時に誤って舞台から転落し、マイクを持っていた右手と右肩から着地したものだ。一時意識が遠のいていた紀佳松は「その時は痛みも感じなかった。ただすごくびっくりして、すぐに反応できなかったんだ」と話した。すぐに昇降機に乗って舞台へと戻った彼は、引き続き曲を歌い終えた。

 またダンサーとして潘瑋柏のステージに何度も出演している小偉も同様に落下事故を起こした。紀佳松と共に病院にかかった小偉は、X線検査の結果は右手を骨折していることがわかった。コンサート終了後すぐに2人を見舞った潘瑋柏は、言葉が出ずにただ紀佳松に抱きついたという。紀佳松が落下したシーンを撮影していたファンがネットにアップしたため、台北にいた紀佳松の母親もすぐに事故について知ることとなった。心配した母親はスタッフを通じて連絡を入れたが、紀佳松は出演は可能だと返答した。「手足はなんだか自分のものじゃないみたいだけど、それより心配なのは24日の北京公演で楽器を弾いたり歌ったりできるかってことだよ」

 18日にツアー関係者は台湾に戻ったが、紀佳松は台北の病院にかかり今後の経過を見る。巨室の発表によれば、今回のコンサートは舞台装置が何重にも重なって構成されているため、スタッフ全員がミスを犯さないようにしなければならないそうだ。今後のコンサートではさらに安全性を高め、2度と事故が起きないようにするとのこと。芸能人はステージ上で見れば派手で輝いているが、そのステージには予期できない危険が潜んでいる。潘瑋柏もコンサート中に靱帯を切ったことが2度あり、范瑋、陳奕迅も事故に遭っている。

潘瑋柏"I'm WILL 未来世界巡廻演唱会"は今後、24日に北京工人体育場で、12月6日には台湾小巨蛋で開催される。

at 17:17, clearbluejellyfish, 台湾男性歌手

comments(0), trackbacks(0), pookmark

方大同(カリル・フォン) コンサートが好評を博す

JUGEMテーマ:華流

 二夜に渡る台湾大学体育館でのコンサートを終えた方大同(カリル・フォン)。評判は概ね良好で、2日目は声がかすれていたが彼の魅力を損なうものではなかった。方大同は言う。「先週は風邪をひいてしまって、のどの調子もまだよくないんだ。普通に話をしてる時も声がかすれ気味だし、今は歌ってないよ!」普段の食事は質素だが健康状態は至って良好で、この2年で初めての風邪だそうだ。その1度がコンサートの前になってしまうなんて、と記者に言われ、「最近普通の生活ができなくて、一晩に3時間くらいしか睡眠時間を取れなかったんだ。だから風邪なんてひいちゃうんだよね」と笑った。

 コンサートでは連続して30分近く歌い続けたため、初日に罰金20万台湾元を支払うことになった。また二晩めには環境保護局から2度の指導を受けたが、これについて方大同は「本当に?」と怪訝な顔。祝賀会の席で華納音樂の総裁・陳澤杉は小巨蛋の模型を送り、方大同には来年か再来年にも小巨蛋コンサートに挑戦してほしいと話した。方大同は謙遜気味に言う。「ぼくだってそうなったらうれしいけど、ちょっと早すぎるかな。早くても来年の末か再来年になるだろうね。今年はすごくいいオーケストラを見つけたんだけど、小巨蛋でコンサートをするならもっと豪華に…弦楽器のメンバーを増やさなきゃならないし、音合わせもやり直さなきゃならない。R&Bを歌うなら音合わせはすごく大事だし、歌ももっと上手に歌いたいと思うから、時間がかかると思う」

 台湾では一段落したが、まだ大陸では4回のコンサートが残っており、蔡琴(ツァイ・チン)、郭採潔(アンバー・クオ)、蔡依林(ジョリン・ツァイ)、阿妹、S.H.Eに曲を提供することになっている。来年夏の発売になる予定のジョリンのニューアルバムについてはゆっくり考える時間がありそうだ。「もしジョリンから特別な要求がなければ、ぼくがジョリンに合うと思う曲を作るつもりだよ!」と方大同は言う。ただし曲を書く前に、さらにいい音楽を生み出すために録音機材を換えたいのだそうだ。

 Nokia携帯のCMにも出演することになった方大同。Nokiaは今までイメージキャラクターを起用したことはなかったため、方大同は「すごく光栄だしうれしい!」と笑顔を見せた。コンサートが終わり一日だけ休みをもらった彼の台湾での次の仕事は"TIMELESS"のプロモーションとなる。

at 18:10, clearbluejellyfish, 台湾男性歌手

comments(0), trackbacks(0), pookmark

潘瑋柏、台湾で単独コンサート開催!

JUGEMテーマ:華流

 人気歌手・潘瑋柏は特に大陸での人気が高く、大陸各地でさまざまなコンサートに参加してきた。だがデビュー以降8年間、台湾で単独コンサートを開く機会には恵まれなかった。この12月6日に台北・小巨蛋でコンサートが開催されることになったことで、やっとやっと潘瑋柏の夢は現実のものとなる。

 初めての台北コンサートということで、いささか緊張気味の潘瑋柏。「僕にとって台湾という場所でコンサートを開くのすごく重要なことなんだ。どうしてって?だって僕のキャリアが始まった台湾は、ルーツとも言える場所だから。みんなにいいところを見せなきゃ、と思う。デビューして8年、初めての単独コンサートで成長した自分を見てもらいたいんだ」と話した。

 台北では4度の公演予定の『潘瑋柏未來世界2009巡迴演唱會』は、ファッショナブルかつ科学技術や未来的な感覚にあふれたものになる。上海コンサートでは無重力感を表現するため空中でのダンスを行うなど、素晴らしい演出で訪れたファンをあっと言わせた。母親は安全装置もつけずに行われたステージを見て"もう歌うのをやめてほしい" と言ったそうだが、この演出は台北でも行われることになるだろう。

 コンサートの舞台制作には事務所も資金を惜しまないとのことだ。今回制作される360度の回転ステージは、伝説の"450度回転ステージ"を使用した香港の天王・郭富城コンサートに匹敵するものになるだろう。潘瑋柏は笑いながら、自分も郭富城と同じくらい見ごたえのあるコンサートにしたい、 ぜひ応援に来てほしい、と話した。

at 21:24, clearbluejellyfish, 台湾男性歌手

comments(0), trackbacks(0), pookmark

曹格収監?結婚の危機?

JUGEMテーマ:華流

先月香港で側田を殴るという事件を起こした“情歌王子”曹格だが、この件について香港警察は正式に曹格を逮捕する見通しとなった。曹格は現在保釈中だが、仮にこの件で有罪となれば1年の投獄を余儀なくされる。今回の件は曹格に経済的な損失をもたらしただけでなく、結婚生活をも危機に陥らせた。

香港メディアが昨日弁護士の黄国桐に尋ねたところ、法例によればこの罪は最高で1年の収監となるが、被告人が罪を認め、なおかつ事件の重さを考慮した場合不起訴になるケースもあるという。曹格のマネージャーによると香港警察はすでに曹格に連絡を入れたとのことで、現在謹慎3週間となっている曹格は来週土曜にも仕事に復帰する予定だという。

曹格の“醉拳”は彼を収監の危機にさらしただけでなく、経済的な損失もかなりの額に上る。香港の"壹周刊"の報道では、曹格は11月に予定されていた香港コンサートを中止したが、これは5000万香港ドルの損失だという。このほか、酒を飲んでは妻を殴っていた曹格は婚姻の危機にもあるとのこと。だが彼の友人はこれを否定しており、曹格の妻は息子の風邪がまだ癒えていないため曹格と共にマレーシアに赴いているそうだ。

at 15:51, clearbluejellyfish, 台湾男性歌手

comments(0), trackbacks(0), pookmark

潘裕文(ピーター・パン)「孤独を感じる時もあるよ」

JUGEMテーマ:華流

10/2に初の個人アルバム"夢・想・家"をリリースした潘裕文。9月中旬にプロモーションを開始してからは、ドラマとMVの撮影で数日を過ごした以外はすべてが宣伝活動に充てられた。星光大道の1期生でデビューと同時に売れっ子になった潘裕文だが、まるで新人のようにプロモーションを行い、資料を手に大小の鞄や箱を抱えつつ自らのアルバムの宣伝に努めた。「会社の同僚はみんな女の子だから、彼女たちに鞄を持たせて一人だけのうのうとしてたらなんだか落ち着かないしね」

「前は周定緯や許仁杰たちにくっついてればよかったし、他愛もない話をしたりして楽しくやってた。今は自分一人だからちょっと寂しいかな。でも許仁杰たちに電話して話はしてるよ」と言う潘裕文だが、回数を重ねるごとに開放的な様子になっており、ファンたちの間では潘王子はどんどん可愛くなると専らの評判だ。

潘裕文はこのアルバムを出すに当たりとても緊張していたが、多くのファンたちと触れ合える慶功会を開いたことでその心境に変化があったようだ。現場では3名のファンが選ばれ潘裕文に抱きしめられるというくじイベントがあり、抽選に外れたファンたちの「私も、私も」という黄色い声の中お姫様だっこや背中からなどそれぞれ違った方法で潘裕文の抱擁を受けた。

at 15:09, clearbluejellyfish, 台湾男性歌手

comments(0), trackbacks(0), pookmark